天上寺に行ってきた

つづきです。天上寺へ。大龍寺から櫻茶屋まで戻ってきて
今度はまっすぐ進みます。
DSCF1307.png
右の道を通ります。
天狗道を進みます。
DSCF1310.png
本当にこの道であっているのか?と思うぐらい
道がわかりづらいです。階段もない場所もある。
こーいう目印でも参考になりました。
大龍寺のあとに引き続き行くとかなり疲れます。
DSCF1319.png
NHKの電波塔まで行くとあと少しです。
掬星台からの景色は霧で何も見えませんでした。残念。
ロープウェーから進むと天上寺へ。
天上寺4
霧で包まれていてまるで天空の寺。
足がガクガクして少しの間、動けませんでした。
2時間ぐらいかかったかも。
連続で行くのは大変でした。

大龍寺に行ってきた

三宮→新神戸→布引の滝 ここまで徒歩。
ここから大龍寺への道のりを紹介します。

布引の滝(雄滝)のそばにはおんたき茶屋があります。
DSCF1278.png
ここで一休みして先に進みます。
茶屋を過ぎると分岐があるが道しるべに従って左へ。
市ケ原、布引貯水池方面への道しるべを目印に進む。

DSCF1280.png
見晴展望台へ到着。一休み。
DSCF1283.png
ロープウェイの下を横切って先へ進む。
DSCF1287.png
布引ダムへ進みます。市ケ原方面へ進みます。
細い車道にでたら左の紅葉茶屋の方へ進む。

あけぼの茶屋跡とすぎて櫻茶屋まで来たら
目印に従って大龍寺方面へ
DSCF1293.png
櫻茶屋。大龍寺と天上寺の分岐点です。
DSCF1294.png
下って大龍寺方面へ進みます。
DSCF1296.png
下ると川が。この橋を通って進みます。
大龍寺1
道を抜けるとやっと着きました!







布引の滝へ行ってきた

お金節約とウォーキングで三宮から
大龍寺、天上寺へ徒歩で行きました。
めっちゃ疲れた。
まずは布引の滝までの道のり。

DSCF1265.png

三宮から新神戸駅へ。
1駅なので徒歩。
フラワーロード(国道30号線)を山方面へ進みます。
一宮神社、二宮神社がある道のり。
歩道橋を超えてさらに進みます。
DSCF1268.png
DSCF1271.png
地下に降りて新神戸駅へ。
北出口1から新幹線の新神戸駅にでると
バス停のそばにコンクリート壁に案内が書いてます。
DSCF1272.png
橋を渡ります。
DSCF1273.png
川沿いの道、左に進み雌滝へ。
DSCF1274.png
落差19メートルの雌滝。そのまま進むと道が合流するので
引き返す必要はありません。
DSCF1276.png
落差49メートルの雄滝。駅から20分以内で到着できます。

ここから大龍寺さらに天上寺へと行きます。大変です。

ブログのレイアウトを変えてみた

ブログのレイアウトを変えてみました。
今まで一年中ハロウィンだったので。
左右が狭いので文字数や画像を入れるのが
せまくてどうにかならないかなって思って
レイアウトを変えてみた。
これでとりあえずやっていきます。
ブログの更新ネタがない・・・

聖戦 乱数調整

ファイアーエムブレム聖戦の系譜で闘技場でどうしても
勝てない場合がある。
今回は乱数調整での勝ち方を。

例)

ヨハルヴァVSゼノン

8章の闘技場でヨハルヴァがゼノンに勝つ
乱数を探します。

ゼノンの連続は発動しないと仮定。
ゼノン命中率86%ヨハルヴァ命中率22%
 0-100 連続判定 86-100ゼノンの攻撃かわす 
0-22 0-22 22%の勇者の斧攻撃2回当てる。これで拡張検索。

fe乱数

拡張検索するとずらっと上に候補数がでます。
2回目、ゼノンが連続出したり出さなかったり
ヨハルヴァが勇者の斧から鋼の斧に
持ち替えたり攻撃が当たったり外れたり
そこまで絞って検索するのではなくて
大まかな検索をしてそこから調べる感じです。
ゼノンの攻撃かわして勇者の斧2回当てる。
これで次のパターンを何通りか当てます。
鋼の斧だとゼノン、ヨハルヴァ、ゼノン
勇者の斧だとゼノン、ヨハルヴァ、ヨハルヴァ、ゼノン
これでも乱数の順番が変わってしまいます。
攻撃が外れる場合もある。
まあそこまで絞って検索してもいいけどね。

数ある候補数の中で赤で囲んである
25340を選んでみましょう。
画面全体が見えないので下の図をクリック。

fe乱数3

42 ゼノン連続判定なし
92 ゼノン命中判定86%当たらない
00 ヨハルヴァ命中判定22%当たる
09 ヨハルヴァ命中判定22%当たる
83 ゼノン連続判定なし
09 ゼノン命中判定86%当たる
37 ゼノン連続判定なし
67 ゼノン命中判定86%当たる
18 ヨハルヴァ命中判定22%当たる

これでゼノン撃破。
数字が低いほど攻撃が当たり
数字が高いほど攻撃は当たらない。
命中率と乱数をみて当たる当たらないを判断。

機会あらば必殺率も書いてみたい。