イーハトーヴォ物語

オツベルと象

宮沢賢治の童話を元に作られた世界が売りのゲーム。
旅をしながら7冊の手帳を探す。
見た目はロールプレイングぽいけど内容は
情報集めが中心のアドベンチャー。

宮沢賢治の童話を知ってたらまあ楽しめるかも。
自分は「オツベルと象」しか記憶になかったです。
ゲームをプレイして物語の内容を理解するのは
ちょっと厳しいかもしれません。
もうちょっと物語がわかればなぁって思う。
ゲームの童話化はちょっと難しいですね。
楽しめるかというと微妙でした。

コメント

非公開コメント