聖戦 乱数調整

ファイアーエムブレム聖戦の系譜で闘技場でどうしても
勝てない場合がある。
今回は乱数調整での勝ち方を。

例)

ヨハルヴァVSゼノン

8章の闘技場でヨハルヴァがゼノンに勝つ
乱数を探します。

ゼノンの連続は発動しないと仮定。
ゼノン命中率86%ヨハルヴァ命中率22%
 0-100 連続判定 86-100ゼノンの攻撃かわす 
0-22 0-22 22%の勇者の斧攻撃2回当てる。これで拡張検索。

fe乱数

拡張検索するとずらっと上に候補数がでます。
2回目、ゼノンが連続出したり出さなかったり
ヨハルヴァが勇者の斧から鋼の斧に
持ち替えたり攻撃が当たったり外れたり
そこまで絞って検索するのではなくて
大まかな検索をしてそこから調べる感じです。
ゼノンの攻撃かわして勇者の斧2回当てる。
これで次のパターンを何通りか当てます。
鋼の斧だとゼノン、ヨハルヴァ、ゼノン
勇者の斧だとゼノン、ヨハルヴァ、ヨハルヴァ、ゼノン
これでも乱数の順番が変わってしまいます。
攻撃が外れる場合もある。
まあそこまで絞って検索してもいいけどね。

数ある候補数の中で赤で囲んである
25340を選んでみましょう。
画面全体が見えないので下の図をクリック。

fe乱数3

42 ゼノン連続判定なし
92 ゼノン命中判定86%当たらない
00 ヨハルヴァ命中判定22%当たる
09 ヨハルヴァ命中判定22%当たる
83 ゼノン連続判定なし
09 ゼノン命中判定86%当たる
37 ゼノン連続判定なし
67 ゼノン命中判定86%当たる
18 ヨハルヴァ命中判定22%当たる

これでゼノン撃破。
数字が低いほど攻撃が当たり
数字が高いほど攻撃は当たらない。
命中率と乱数をみて当たる当たらないを判断。

機会あらば必殺率も書いてみたい。
















コメント

非公開コメント